History -競技部の歴史-

競技部の歴史 -沿革と日本代表選手,関西学生対校選手権大会の戦績-

 Profileへ戻る

・1965(昭和40)年 大阪体育大学 開学.
           大阪体育大学体育学部 開設.
           陸上競技部 創部 (部長;田村清,監督;鴨下礼二郎)
           主な練習施設;陸上競技場(400m.茨木キャンパス)
           関西学生陸上競技連盟 二部
           <関西学生対校>;二部 総合4位

・1966(昭和41)年 -第5回アジア大会(バンコク) 清水修(男走高跳;第2位)
           -第5回アジア大会(バンコク) 辻下美代子(女200m;第2位)
           <関西学生対校> 男子総合;優勝(一部昇格),女子総合;優勝

・1967(昭和42)年 -第5回ユニバーシアード(東京) 辻下美代子(女200m;第5位,女4×100mR;第2位)
           -第5回ユニバーシアード(東京) 田中君枝(女走高跳;第6位)
           <関西学生対校> 男子総合;第5位,女子総合;優勝

・1968(昭和43)年 <関西学生対校> 男子総合;第4位,女子総合;優勝

・1969(昭和44)年 <関西学生対校> 男子総合;第4位,女子総合;優勝

・1970(昭和45)年 <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・1971(昭和46)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1972(昭和47)年 -ミュンヘンオリンピック 山三保子(S46年度卒)女走高跳;出場
           <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1973(昭和48)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1974(昭和49)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1975(昭和50)年 -第2回アジア選手権(ソウル) 太宰知子(女100mH;優勝)
           -1975世界大学陸上競技会(ローマ) 小西清隆(男棒高跳;第9位)
           <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1976(昭和51)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1977(昭和52)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;第2位

・1978(昭和53)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;第2位

・1979(昭和54)年 陸上全天候型トラック完成(茨木キャンパス)
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・1980(昭和55)年 <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1981(昭和56)年 -第4回アジア選手権(東京) 江原紀子(女100mH;優勝)
           <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1982(昭和57)年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;○位

・1983(昭和58)年 第12回ユニバーシアード(エドモントン) 辰巳公子(女七種競技;第9位)
           <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1984(昭和59)年 <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1985(昭和60)年 -第13回ユニバーシアード(神戸) 深尾真美(S58年度卒)女マラソン;優勝
           -第13回ユニバーシアード(神戸) 梅本公士(S58年度卒)男走幅跳;第10位
           -第13回ユニバーシアード(神戸) 黒田千寿子(女10000m;第10位)
           -第13回ユニバーシアード(神戸) 辰巳公子(S59年度卒)女七種競技;第10位
           <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1986(昭和61)年 <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1987(昭和62)年 -第14回ユニバーシアード(ザグレブ) 金刺貴子(S60年度卒)女マラソン;第2位
           <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;○位

・1988(昭和63)年 <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・1989(平成元)年  熊取キャンパスへ移転.
           主な練習施設;全天候型400mトラック(日本陸連公認競技場)
           -第8回アジア選手権(ニューデリー) 北田敏恵(女100m;第2位)
           <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1990(平成 2) 年 <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;優勝

・1991(平成 3) 年 -第3回世界選手権(東京) 北田敏恵(女4×100mR;出場.日本新)
           -第3回世界選手権(東京) 北川政代(H2年度卒)女4×400mR;出場
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・1992(平成 4) 年 <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・1993(平成 5) 年 <関西学生対校> 男子総合;○位,女子総合;優勝

・1994(平成 6) 年 -第12回アジア大会(広島) 北田敏恵(女100m;第4位 日本新,女4×100mR;第3位)
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・1995(平成 7) 年 -第18回ユニバーシアード(福岡) 浅田智美(女100mH;出場)
           <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;優勝

・1996(平成 8) 年 <関西学生対校> 男子総合;第5位,女子総合;優勝

・1997(平成 9) 年 <関西学生対校> 男子総合;第4位,女子総合;優勝

・1998(平成10)年 第1回大阪体育大学-天理大学対抗戦開催
           <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;優勝

・1999(平成11)年 <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;優勝

・2000(平成12)年 -第20回ユニバーシアード(マヨルカ) 黄瀬洋司(男やり投;第11位)
           <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;優勝

・2001(平成13)年 <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;優勝

・2002(平成14)年 <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・2003(平成15)年 大阪体育大学健康福祉学部 開設
           -第22回ユニバーシアード(テグ) 堀岡智子(女5000m第8位,女10000m;第5位)
           -第15回アジア選手権(マニラ) 藤原康喬(男やり投;第5位)
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・2004(平成16)年 <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・2005(平成17)年 <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;優勝

・2006(平成18)年 -IPC世界選手権(アッセン) 山本篤(T42-100m,200m,F42-走幅跳,4×100mR;入賞)
           <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・2007(平成19)年 第11回世界選手権(大阪)に出場するアメリカ代表チームが本学でキャンプ(8/15-20)
           <関西学生対校> 男子総合;優勝,女子総合;優勝

・2008(平成20)年 陸上競技場に観客スタンドが完成.(1F にはレクチャールーム,PCルーム,倉庫を完備)
           -北京パラリンピック 山本篤(F42-走幅跳;第2位,T42-100m;第5位)
           -第1回世界ろう者選手権(イズミール) 竹花康太郎(男棒高跳;優勝,男4×100mR;第5位)
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;第2位

・2009(平成21)年 <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;第3位

・2010(平成22)年 -アジアパラリンピック(広州) 山本篤(T42-100m;優勝)
           <関西学生対校> 男子総合;第5位,女子総合;第2位

・2011(平成23)年 -世界選手権(テグ) 宮下梨沙(H18卒)女やり投げ;出場
           -アジア選手権(神戸) 宮下梨沙(H18卒)女やり投げ;4位
           -アジア選手権(神戸) 的場葉留香(H21卒)女やり投げ;8位
           -IPC世界選手権(クライストチャーチ) 山本篤(T42-100m,200m,F42-走幅跳;第3位)
           <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;第5位

・2012(平成24)年 -ロンドンパラリンピック 山本篤(T42-100m,200m,F42-走幅跳;入賞)
           <関西学生対校> 男子総合;第3位,女子総合;第5位

・2013(平成25)年 -アジア選手権(プネー) 宮下梨沙(H18卒)女やり投げ;3位
           -IPC世界選手権(リヨン) 山本篤(T42-100m,200m,4×100mR,F42-走幅跳;入賞)
           -第2回世界ろう者選手権(トロント) 北田明広(男800m;第3位,4×400mR;5位)  
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;第6位

・2014(平成26)年 -アジア選手権(武漢) 宮下梨沙(H18卒)女やり投げ;3位
           -アジアパラリンピック(仁川) 山本篤(T42-100m,F42-走幅跳;優勝,200m;第2位)
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;第4位

・2015(平成27)年 大阪体育大学教育学部 開設.
           <関西学生対校> 男子総合;第2位,女子総合;第5位

・2016〔平成28)年 -リオパラリンピック 山本篤〔T42-走幅跳;2位,T42-100m;7位,T42-47-4×100mR ;3位
           -IPC世界選手権〔リオ〕 山本篤〔T44-100m)
           <関西学生対校> 男子総合;第5位,女子総合;第8位